事業用物件を探す時

2018年09月02日

本日は、京王地所の『不動産屋ブログ』に訪れて頂きありがとうございます。

『不動産屋ブログ』では、日々の実務を通して私たちが感じていること、お客様に知って

いただきたいこと、また、皆さまが不動産取引の中で『言葉はよく耳にするけど、それってどんな意味なの?』を解決できればと存じます。また、豆知識・私たちの活動も含めて不動産屋ならではのテーマで記事を書いていきたいと思います。時には愚痴もでるかもしれませんがその時はどうぞご容赦下さいませ。皆さまにとりまして、ほんの少しでもお役に立てればと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

物件を探すとき、事業用物件、居住用物件との違いはありませんが、

ご希望の条件をまずご自分の中で決めて物件探しを行ってください。

決めていただく条件としまして、

・物件の種類・・・事務所・店舗・事務所兼住居・倉庫など)

・エリア・・・地域・沿線・最寄り駅・駅からの距離

・専有面積…どのくらいの大きさの使用面積が必要か

・築年数・所在階…住居と違い、事業用は1階の賃料が一番高いです

・賃料の上限…毎月の支払いです、

・初期費用…契約時の費用です、事業用物件の場合、敷金が2ヶ月から6か月位と幅がありますが、

かかります。また、保証金の支払いもあります。

・使用する時間…上階が住居ですと、時間制限がある場合があります。

・駐車場・駐輪場の有無

・契約者(法人又は個人)

・設備・・・電気容量(電灯・動力)・電話・空調・トイレ・水廻り・ネット環境

です。

以上のことを決め、物件探しをしてください。

すべての条件を満たしている物件を探すのは難しいと思います。

どうしても譲歩出来ない条件は事前に考えておくことが大切です。

まず、優先順位はきめておきましょう。

弊社では、事業用物件のご紹介を専門に行っております。

お問い合わせをお待ちいたしております。

 

賃貸いしいでした。