猛暑日のエアコンの電気料金について

2018年07月19日

猛暑日が続いており、エアコンは必需品です

体への負担、電気代などが気になりますが、

 

体のだるさは、

睡眠1時間前の設定温度を25度に、睡眠時28度に設定すると気持ちよく寝られ、

体のだるさはおさえられるそうです、

風は壁に向け、直接体には当てないこと、

また、のどの乾燥を和らげるのは、寝る前にコップ一杯の水分をとることです、

 

電気料金については、

設定温度1度下げると、電力消費量は10%上がります。

微風・強風の違いでの電力消費量の差はありません。

 

外出するときは、エアコンを停止したほうがよいかについてですが、

30分以内の外出の場合、エアコンは切らずにつけたままでの外出を、

1時間以上の外出の時は電源は切って外出をする

と電気料金が低く抑えられます。

(7月17日グッドモーニングで放送されました)

 

以上、一日中エアコン使用のいしいでした