賃貸管理のサブリース方式

2018年09月13日

   本日は、京王地所の『不動産屋ブログ』に訪れて頂きありがとうございます。(^^♪

『不動産屋ブログ』では、日々の実務を通して私たちが感じていること、お客様に知って頂きたいこと、また、皆さまが不動産取引の中で『言葉はよく耳にするけど、それってどんな意味なの?』を解決できればと存じます。また、豆知識・私たちの活動も含めて不動産屋ならではのテーマで記事を書いていきたいと思います。時には愚痴もでるかもしれませんがその時はどうぞご容赦下さいませ。皆さまにとりまして、ほんの少しでもお役に立てればと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 こんにちは!ブログの更新ご無沙汰してしまいました。

猛暑もおさまり、だいぶ過ごしやすくなりましたね。では早速、本日のテーマにいかせていただきます。

 

 賃貸管理には、『管理委託契約』と『サブリース方式(一括借り上げ)』の2パターンあります。今日は後者のサブリース方式について記事にします。

 

 

 サブリース方式は、管理業者がオーナーから賃貸物件を一括して借り受けて、管理業者自らが転貸により貸主となる形態です。

 貸主と管理業者との間で転貸借承諾付き一括借上契約(原賃貸借契約)を締結します。入居者との間では、通常の賃貸借契約(転貸借契約)を締結します。

 

 管理業者は転貸借契約における貸主の地位にあります。転貸借契約書には契約が『転貸借契約』であることを明記します。

 

 一括借上契約(原賃貸借契約)の賃料は、2年毎に賃料の改定を行うことが定められています。市場予測をもとに一定額の賃料を約束するこのできる期間として、2年程度が妥当と考えられるからです。最初の契約から2年間賃料額は固定されますが、必ずしも長期的に保証(固定)されるものではありません。

 

 また、一括借上契約(原賃貸借契約)では、転貸人である管理業者がどこまでの賃貸管理を行うかについて、修繕範囲とその費用負担、一括借上げ契約(原賃貸借契約)終了時の空室における原状回復範囲を明確化しておかなければなりません。

 

 契約書は隅々まで目を通し、将来トラブルが起きないようにきちんと理解しておく必要があります。

 

 本日担当:あさおか