引越しのときのゴミはどうやって処分する?

さあ。引っ越しの準備・・・。片づけからスタート!

新居への引越しの際には、大量の不要品やゴミ・粗大ゴミが出ます。引越し前後はさまざまな準備や手続きで忙しく、不要品は引越し直前にまとめて回収会社に引き取ってもらったという人も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし、不要品の処分方法はそれ以外にも存在します。前もって計画的に処分すれば、お金になったり喜んでもらったりと、余計なゴミを出さずに済むかもしれません。

 

それでは、不要品の処分方法と選び方についてご説明します。

 

賃貸4-1

「捨てる」の前に「売る」「あげる」

引越しに伴って出てきた不要品を、すぐ捨ててしまうのはもったいないことです。

 

捨てる前に、誰かに「売る」「あげる」という選択肢を考えましょう

 

自分は「もういらないかな?」と思うような品物でも、実は単に使わなくなっただけで、汚れたり壊れたりしていないこともありますよね。たとえば、子供用の服はすぐに着られなくなってしまいますが、服のサイズに合う子供は常に存在するわけです。そうした子供を持つ親にとっては、不要品ではありません。自分たちにとっての不要品が、他人にとっては欲しいもの、ということもあるのです。

「売る」とゆう 選択肢。・・・せめて、お茶代になればそれもよし!

まず「売る」を検討しましょう。押し入れの肥やしとなっている、意外なものありませんか?

 

リサイクルショップやインターネット上のオークションサイトなどを利用すると、自分でも思いがけないほど高く売れることがあります。

例えば、引き出物でいただいた食器やタオルなども、買取してくれますよ。できれば、箱付きで持ち込みすると意外と高値がついたりします。

 

引越し前後は出費が多くなりがちですから、不要品を少しでも売ることで、住宅費用や引越し費用の足しになるとうれしいですね。

 

引っ越しのタイミングなどで不用品を処分すると、現実に空間である「スペース」が生まれます。

新居で新しい生活を始めるとき、空間である「スペース」があると気持ちのゆとりにもつながりませんか?(^^♪

 

 

 

「あげる」とゆう 選択肢。・・・喜んでもらえれば,みんなhappy!

お金にはなりませんが、「あげる」手もあります。

 

家族や友人・知人といった近しい人に「○○はいらないか」と尋ねて、欲しがっている人にあげてしまいます。

 

例えば、戸建てにお住まいの方が、マンションに新居を構えたとします。以前は、物置をおいてあったので、ガーデニングで使っていた道具をひとまとめに収納できていました。剪定ばさみや、噴霧器などとてもマンションには持っていけません。

 

今までお世話になったご近所の方、庭いじりが好きなおばあちゃん、ひと声かけてみてはいかがですか。

最終的には処分になるかもしれませんが、意外と喜んでもらえるかもしれませんよ!

 

家具や電化製品のように持ち運びが難しいものは、運送費がかかる場合もありますが、費用負担はお互いに相談してみてくださいね。

 

 

残った選択肢。最終手段。思い切って「処分」・・・これで終了。

売ることもあげることもできない不要品については、何らかの形で処分(廃棄)することになります。自治体によりますが、処分先はおおむね「自治体の粗大ゴミ処分サービス」「民間の不要品処分会社」「引越し会社」の三種類に分けられます。

 

参考までに越谷市は 越谷市リサイクルプラザ で粗大ごみの処分を行っています。

 

方法は次の2通りです。

・コンビニで「粗大ゴミ処理手数料納付済券」を購入して収集してもらう方法。

・事前に電話予約をして、自分で持ち込みをする方法。

 

越谷市ホームページ上で情報が確認できます。ご参考になさってください。

 

 

 

越谷市リサイクルプラザ

越谷市リサイクルプラザ

 

住所 越谷市大字砂原355

 

粗大ごみ予約専用電話番号 048-973-5300
  電話受付時間 月曜~金曜 午前8時30分~午後5時 (祝日・年末年始は除く)

 

 

民間の不要品処分会社ですと、回収日の融通が利く(引取日の指定ができる)ため直前の申し込みでも引き取ってもらえる可能性が高いです。その一方で引き取りの値段は数千円から数万円になることもあり、しかも会社によって大きな差があります。日程に余裕があれば、複数の会社から相見積もりを取って比較することをおすすめします。

 

もう一つの手段として、引越し会社に不要品の引き取りをお願いする手があります。当然、引越し当日だけの引き取りになりますから、お願いできる数は限られます。引越しの見積もりを取るときに、併せて交渉してみるとよいでしょう。

 

参考にしていただけましたか?

 

素敵な新居生活を過ごすために、

 

       『お引越し』

 

        頑張ってくださいね (^_-)-☆

賃貸4-2