越谷街情報

 

 

■越谷のいろいろな情報をお届けします。

 

越谷市は現在の人口約34万人、埼玉県内第4位の人口数です。

 

 

・江戸時代に日光街道の宿場町のひとつ『越ケ谷宿』として栄えた街。

・元荒川、中川、綾瀬川、古利根川、新方川、逆川など多くの河川が市内に流れていることから『水郷こしがや』と呼ばれています。

・1958年に市制施工され『越谷市』となりました。今年で誕生60年!!

2015年4月1日、越谷市は中核市に移行しました。

・越谷市役所本庁舎の建て替え計画があります。2018年度~解体工事が始まるようです。市民の憩いの場となるような水郷テラスやみんなのひろばという空間が設けられようですし、完成が楽しみですね☆

 

■越谷市の木・・・ケヤキ

 

■越谷市の花・・・キク

 

■越谷市の鳥・・・シラコバト

 

・1899年に東武鉄道の伊勢崎線開業、1962年に伊勢崎線が日比谷線と直通となり東京のベッドタウンとして都市化が始まりました。現在、越谷市には8つ駅があります。

伊勢崎線『蒲生駅』

越谷市蒲生駅

1899年に『蒲生駅』が開業!

武蔵野線『越谷レイクタウン駅』

越谷レイクタウン駅

2008年に『越谷レイクタウン駅』が開業!

伊勢崎線『大袋駅』

越谷市大袋駅

1926年『大袋駅』が開業!

伊勢崎線『新越谷駅』

越谷市新越谷駅

1974年に『新越谷駅』が開業!

伊勢崎線『越谷駅』

越谷駅

1920年に『越谷駅』が開業!

伊勢崎線『せんげん台駅』

越谷市せんげん台駅

1967年に『せんげん台駅』が開業!

武蔵野線『南越谷駅』

南越谷駅

1973年に『南越谷駅』が開業!画像は2010年撮影

伊勢崎線『北越谷駅』

越谷市北越谷駅

1899年に『北越谷駅』が開業!越谷市で一番古い駅です。当時は『越ケ谷駅』だそうです。

 

■交通のアクセス良好。鉄道でも車でも、都心や地方に向かうのに便利な街です。

 

 自然豊かな街『越谷市』は、住まい・仕事・レジャーの3点が適えられ、少し大げさな話ですが『越谷市内だけで過ごせる?』街…かもしれません。(^_-)-☆

 イベントもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。