不動産屋ブログ 相続ってご存知ですか

2018年07月09日

こんにちは。賃貸のおざわです

 

不動産屋は「宅地建物取引士」とゆう資格を持っている方が多数おります。

不動産屋は「不動産」の賃貸契約や売買契約を行う際にもっていなくてはいけないからです。

 

厳密にいうと、契約はしても良いのですが、契約の中に「重要事項の説明」とゆう大事な作業があり、「重要事項の説明」は「宅地建物取引士」の資格をもっていないと行ってはならないからです。

 

前置きはこのくらいで、テーマの『相続』、皆様、どのくらいご存知ですか。

宅地建物取引士の資格をとるにあたり、『相続』の知識も必要になってきます。

 

一般的な知識としてご覧いただければ・・・と。

 

例えば、お身内様でお亡くなりになった方がいます。

その方は財産を遺してくださいました。借金も含めてと致します

 

亡くなった方は「被相続人」といい、遺してくれた財産を受け取る方を「相続人」といいます。

「被相続人」の法定相続人として配偶者は常に「相続人」となります。

次に、第一順位として、子(嫡出子・非嫡出子及び養子・胎児を含む)、第二順位直系尊属(相続人の父母や、祖父母)、第三順位・兄弟姉妹と続きます。

 

通常の相続の流れは上記ですが、相続人がすでにお亡くなりになっていた場合は「代襲相続」もあります。「代襲相続」とは、本来の相続人がなくなっていた場合、その相続人の子や孫が代わりに相続するとゆうことです。ただし、第三順位の兄弟姉妹のみ「代襲相続」は子までに限られます。(被相続人の甥・姪までが法定相続人となります)

 

ちなみに「代襲相続」は法定相続人が「相続放棄」した場合その下の方は、代襲相続をすることはできません。

 

「被相続人」が既婚者でお子様がいる場合、お子様がすでに既婚者でお孫さんもいる場合、もしくは未婚で、ご両親やご兄弟が相続される場合など様々なケースが想定されます。

 

もし、ご覧になってくださった方で相続の問題に直面なさっているかたがいらっしゃいましたら、是非『相続』を得意とする税理士さんにご相談することをお勧めします。相続されるものが負の財産、借金の可能性もあるからです。

 

何度も経験することではありませんので参考にしていただければと・・・。

 

お付き合いいただいてありがとうございました。(*_ _)