不動産屋ブログ 物件撮影についてのお話し

2018年05月22日

こんにちは!売買の浅岡です。

ただ今物件の写真撮影から戻ったばかりでございまして…。今日も暑かったです!(#^^#)

頭が少し痛いかな。皆さまも熱中症気を付けましょう。

 

今日は物件の写真撮影について書きます。

先ほど、新築分譲住宅を3棟撮ってまいりました。

当社のカメラはCanonの『一眼レフ』、広角レンズを使用しております。(昨年、社長に直談判し、購入していただきました!(^_-)-

こんな事を言っては何ですが、一眼レフカメラは素敵に撮影できますねー☆

 

皆さまも物件の内覧見学に行かれてご存じの事と思いますが、夏は暑く冬は寒い!

空室の閉め切っていた室内は電気が切れている為、24時間換気も役には立ちません。(皆さま、窓を開ける前の空気をどうぞお察し下さい。(*_*)

私は写真撮りの順番を決めています。(そーです!ルーティンです。)

何故なら、画像を物件の入力フォームに落とす際、どこの部屋の写真だったのか分からなくなってしまうからです。(#^^#)

 

今日は住宅3棟ですので、外観などの外回りを撮り、1階をすべて撮影し2階に上がったら、私は必ず右側から撮影します。なので、画像を落とし込む際どこのお部屋だったか?必ずわかるのです。以前は、居室は横向きばかりで撮っておりましたが、最近では縦向きも両方撮ることにしております。自社ホームページに落とす際、写真の向きが横サイズ・縦サイズがあったほうが、ホームページの作りこみがしやすいからです。

 

写真撮影ってすごく難しいんですよね。お家の中、しかもトイレや洗面所等は狭いので、見栄え良く撮るというのは…。そこで登場するのが『広角レンズ』なのですが、やはり難しい。いまだ勉強中でございます。(#^^#)

皆さんが物件を探す時に見ている、ポータルサイトですが、10年前は、画像の数がすごく少なかったのですが、覚えていらっしゃいますか?

近年、ポータルサイトさんサイドで、ユーザー様により良い情報提供をという事で様々な事が厳しくなり、画像の点数も増えたんですよ。(これは、画像の点数制があって、ある点数を超えないと、露出されなくなってしまうのです。と言っても、それって何のこと?となってしまいますよね。説明が長くなってしまうので、また別の機会にお話ししますね。ごめんなさい。)

当社では外観写真だけでなく、室内も写真を撮っておりますので、ぜひポータルサイトやホームページをご覧くださいね。

これからも、皆さまに物件情報をしっかりとご提供できるよう頑張ります。

これから、撮影してきた物件の入力をしますので、今日はこの辺で(^_-)-

売買