住宅ローンの金利 選ぶにあたってポイント

マイホームイラスト
イラスト

マイホーム購入をする際多くの方が住宅ローンを組まれます。

住宅ローンは大きな借金です。なるべく少なく借りて、なるべく早く返したいものですね。

ではどのように住宅ローンを選べばよいのでしょうか?

あなたは変動金利型?それとも固定金利型?

変動金利は住宅ローンの中で金利が一番低く設定されています。「できるだけ毎月の返済額を少なくしたい」「総返済額を少なくしたい」という思いをかなえることができます。金利が上がらなければ低金利の恩恵を受けることができます。

 

しかしながら、この低金利は将来にわたって保証されているものではありません。金利上昇時に返済していける余力があるかどうかが変動金利選択のポイント。 金利上昇時に金利負担を増やさないようするには繰り上げ返済が有効です。繰り上げ返済をするには、それに充てることのできる貯蓄が必要です。金利上昇による返済額増に対しては、返済していくだけの収入があれば心配することはありません。余力があれば低金利時に返済額を低く抑え、金利上昇時に繰り上げ返済をするという、最も効率のよい返済方法を実現することができます。

固定金利は変動金利に比べると借入当初は金利負担感がありますが、将来にわたって返済額が変わらないのは大きな安心です。住宅ローンの返済額が増えると、他のライフプランに影響を及ぼしかねません。

 

住宅購入の時期は、教育費の負担が増える時期と重なるケースが多く、老後資金まで手が回らないという家庭も少なくありません。固定金利は住宅ローンの支払い額が確定しているので、ライフプランの計画も早い段階で進めていけることが大きな魅力です。支払額が将来にわたって確定しているので安心感が大きいです。

イラスト

 

 

住宅ローンは長期にわたって返済がつづきます。途中で返済ができなくなってしまったら、せっかく手に入れたマイホームを手放すことになってしまいます。

 

変動金利がよいのか?固定金利がよいのか?

あなたにはどちらがあっていますか?

 

住宅ローンのご心配事などもぜひ当社にご相談ください。